子牛-ヴィール

仔牛肉生産における専門家の意見

1970/01/01

 「動物飼育の作用と効用」より

A.F フレーザー / D.Mブルーム

A.F フレーザー:カナダ ニューファウンドランド 獣医学教授

D.Mブルーム:イギリス ケンブリッジ大学 動物薬学教授

白色牛の飼育が非能率的であり避けられない福利面での問題もあるため、大衆の意見が現在の生産システムを急激に悪化させ、停止に追い込むことが期待されている。

sumnail_veal.jpgフランク ハーニック

カナダ オンタリオ ゲルフ大学 動物科学教授

私はこの「自由」(1965年 ブランベル報告に記されている5つの自由 のこと)は動物の本能的な動きを守る上でとても理に叶っていると思う。また、現在の農業システムは動物の生産に不利益をもたらさず農業生産の効率も落とさずに動物の自由を守るべきだと思う。しかしながら、こういったことは動物飼育の基本的な要求を尊重する上で唯一の基準ではなかった。
身体的、精神的に健やかな構造を志すために、理に叶った人道的な健やかな動物飼育システムの指導は全ての感覚ある生命構造を満たし、人間による操作は遺伝子型が導かれようとしている環境を経験する機会を持つべきである。
飼育されている動物が以下の利益を得られるように

  • 適した空気、水、そして食物の供給(生物学的に必要なものに順ずる)
  • 安全な生息地、十分な広さ(障害や退化を避け、標準的に育つため)
  • 適した環境の準備(退屈、強い刺激、そして恐怖を避けるため)
  • 毎日の診察、そして有効なヘルスケア(傷や病気を見過ごさないため、素早く処置するため
  • 年齢にあったこまやかな扱い(不必要な苦痛を与えないため)

バーナード ローリン

コロラド州大学 生物心理学教授
白牛の生産の動物農学はドレイズテストの動物実験に対する関係と同じである。
(刺激物の調査のためにウサギの目に化粧品やシャンプーを入れるもの)どちらも最悪の状態の例として公に認められている
。新しい化粧品開発のためにウサギの目に刺激物をいれ、結果を記すようなことや、わずかな人たちによって消費される高価な商品を生産するために行われる拷問と思われるようなことは社会的道理に外れている。
私が感じている白牛に関する公共の関心としては、反感的な意見が多いと思う。私は方々を旅し、多くの人々の中に交わってきた農夫や都会人、肉体労働者から大学教授まで。
こういった人々の中でもこれは人道的に正しいのだ,人道的判断に基づいて人は仔牛を食べない主張することは。
米国農務省の人物が私に言うには彼も彼の同僚も同様に今後仔牛を食べない、という事だった。
私が話した西部の農夫の大半も人道的判断に基づいて仔牛を否認した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube