フォアグラ

フォアグラ農場の強制給餌に関する証言

2017/04/05

フランスのフォアグラ農場でのアヒルの強制給餌に関する証言

 
アヒルは元気なくペン(囲いの中)に座っていた。あるアヒルは他のアヒルの背中に嘔吐していた。
作業者がペンに入って来たとき、彼らは隅に行き身を寄せ合った。積んであったワラの中に顔を隠し逃げようとこころみているものもいた。しかし、逃げることはできない。

小さな男の子が、蒸したトウモロコシをバケツで運んできた。彼は約20cmの長さの管が取り付けられた漏斗をもちあげ、トウモロコシでいっぱいにした。漏斗の口の上には、トウモロコシを粉砕するハンドルが取り付けられている。

作業者が羽ばたきをする両方の翼をつかみ、自分の足の間にアヒルをがっちりと固定すると、何羽かの鳥は抵抗して、自分の小さな水かきの付いた足で、作業者のすねを蹴った。

親指と人差し指の間に下の嘴と舌を挟んで、アヒルの口を押し開き、管をノドの奥に押し込む。
そして片手でアヒルのくちばしと管を一緒にしめ付けて固定し、もう一方の手で漏斗のハンドルを回しトウモロコシを流し込みはじめた。
作業者は時々、アヒルのノドをもみ、流し込まれる餌を強制的に押しつぶした。
1分足らずで、莫大な量のトウモロコシが、もはや動かなくなったアヒルに流し込み終わった。

このグロテスクな儀式の間中、アヒルは無力で、目を大きく見開き恐怖したように周りをみつめていた。
トウモロコシが詰め込まれた後、彼らはヨタヨタとその場を逃げた。その目からはもう恐怖は感じられない。しかし目の光はなくなり、何にも反応しなくなった。

そのそばで「餌を与えられる」のを待っているアヒルたちは、身を寄せ合い、ちぢこまり、顔を隠していた。

これらは普通の「餌やり」とはなんと違うことだろう。
普通ならばアヒルたちは餌の時間を心待ちにし、騒々しく鳴いて餌の周りに寄りあつまってくるものだ。

しかし強制給餌はそんなものではない。普通の餌やりとはまったく違うのだ。

 

Animal Defenders International 
Get misery off the menu(2013.01.08)

201704060012_1.jpg
写真:Animal Equality


ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube