フォアグラ

Faux Gras(植物性フォアグラ)de GAIA

2015/05/28

フォアグラは動物虐待の証です。フォアグラは食べるべきものではありません。この虐待行為が「グルメ」なんていわれているこの状態、一刻も早く終わらせなくてはなりません。周囲の人にチラシなどでフォアグラの生産方法を教えると、フォアグラに抵抗感を覚えて食べない選択をする人がほとんどです。フォアグラがあまりにも残酷に作られていて、また日常的に食べるものではないからです。
フォアグラの生産方法を伝え、フォアグラは高級食材という常識を、フォアグラは食べ物ではないという常識に変化させましょう!

2009年に開発された植物性のフォアグラが、その常識を変えるかもしれません。
201401282311_1.jpgベルギーのアニマルライツ団体GAIAhttp://www.fauxgras.be/は、2009年12月にフォアグラの代替品、「Faux Gras」を発売しました。この「Faux Gras」は純植物性で、トリュフ、トマトピューレ、パームオイル、ジャガイモ粉などで作られています。
ベルギーのリンブルグ州のシェフ3人がこの偽フォアグラと普通のフォアグラを食べ比べたところ、違いがわからなかったそうです。
値段は125gで2.99€(約¥380)で、動物性のフォアグラの約5分の1の価格です。
ベルギー内では、オーガニックショップだけではなく、カルフールなどの大手スーパーでも売られており、一般消費者にもいきわたると期待されます。

なお、既に2007年12月には英国の高級スーパー大手のウェイトローズ(Waitrose)がFaux Grasを開発しています。もともと動物性のフォアグラの販売をしないと宣言していたスーパーであったため動物を犠牲にしない植物性フォアグラを開発しました。ウェイトローズの販売担当者は「美食界で渇望されていた食品が完成し、満足している。
従来のフォアグラにひけをとらない高品質のパテを、動物に対して罪を犯すことなく作り上げた」と話しています。


http://www.gaia.be/fr/actualite/le-faux-gras-r-de-gaia-pour-vos-fetes-respectueuses-des-animaux

2014年現在は、ネット通販で購入することが可能です。
http://www.unmondevegan.com/faux-gras-bio,fr,4,gaia1.cfm
また様々なものが出ているようです。
http://www.regalvegan.com/site/products/faux-gras/
201401282311_2.jpg


ボランティア・サポート

動物の未来はあなた次第!ACTION!

チラシ配りをする
毛皮、動物実験、畜産と環境などのチラシの配布に協力してください。

寄付をする
動物のために活動を支えてください!

会員(アニマルライツメンバー)に登録する
一緒に活動してください!

チラシ:ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由

チラシ:牛乳(ミルク)のウソ&ホント

NPO法人アニマルライツセンター公式Facebook NPO法人アニマルライツセンター公式Twitter NPO法人アニマルライツセンター公式Flicker NPO法人アニマルライツセンター公式YouTube